本文へ移動

クマキ社内ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

祝!中越高校

2018-07-24
カテゴリ:話題の出来事
速報!
 
 
でもありませんが・・・(現在15:30)
 
ついに新潟県高校野球県大会が終了しました
 
 
優勝は2年ぶり11回目の中越高校です

おめでとうございますsmiley
 
後日、W辺課長にもコメントをいただきますので
 
ひとまず結果のみ更新しますwink
 
新発田高校の皆さんも大変お疲れ様でした
 

高校野球観戦

2018-07-23
カテゴリ:季節の話
7月21日、W辺課長が新潟県高校野球ベスト8を観戦してきましたsmiley
 
朝から全4試合の観戦だそうで
 
さすがベスト8!といえる白熱した試合となったようです
 
 
第一試合 新潟高校×新発田高校
第二試合 十日町高校×加茂暁星高校
 
 
共に1点差の接戦でしたが
 
特に十日町高校の左腕の投球に見応えがありました
 
また敗れた加茂暁星高校の投手リレーも素晴らしく
 
決勝点はホームランによるもの
 
一球の駆け引きで勝敗が分かれました
 
敗れたら夏が終わるトーナメント方式の緊迫感が伝わります
 
 
新潟高校は日本文理高校に勝利した勢いで!とはいきませんでしたが
 
この夏を大いに盛り上げてくれた高校でもあります
 
 
第三試合 中越高校×長岡大手高校
第四試合 新潟産大付属高校×開志学園高校
 
 
中越高校は何と言っても強力な打線ですね
 
私もTV観戦しましたが、とにかくよく打ちます
 
また三振が少ない印象でした
 
新潟産大付属高校は3安打4得点と開志学園高校の8安打より
 
少ない安打数で勝利しました
 
いかにミスなく試合を終わらせることが難しいかを体現するような試合でした
 
 
先ほども書きましたが一球の駆け引き、ワンプレーでの勝負の分かれ道
 
この一瞬のために練習を繰り返してくる高校球児達
 
プロ野球とは一味違うスポーツの楽しさを教えてくれますね
 
ベスト8からはエコスタジアムとなります
左腕エースの一人です
互角の一点差勝負!
7回の攻防が分かれ道でした
快晴ですが猛暑です。投手はよく頑張りました
応援する側も熱気に包まれています

夏のプレイリスト

2018-07-21
カテゴリ:季節の話
まだ7月も半ばというのに、肌を突き刺すような
陽射しで頭が、くらくらしてきますenlightened
 
熱中症予防には水分補給  がとても大事です。
 
もし自力で水を飲めないようだと大変危険な
状態にありますので、すぐに医療機関
連れて行ってください
 
そんな酷暑の毎日を、少しでも爽やかな気分で
過ごせるように夏のプレイリストを作ってみました。
   
     
  アイドル編(1970年代~1980年代)
 1   夏色のナンシー・・・早見 優  
2   夏のお嬢さん・・・榊原郁恵  
3   青い珊瑚礁・・・松田聖子  
4   17歳・・・南沙織  
5   渚のシンドバッド・・・ピンクレディー  
6   ひと夏の経験・・・山口百恵  
7   恋する夏の日・・・天地真理  
8   C-Girl・・・浅香 唯  
9   暑中お見舞い申し上げます・・キャンディーズ  
     
この曲が全部分かる人は、50歳以上「おぢさん」
「おばさん」(笑)。
 
松田聖子は「夏の扉」「渚のバルコニー」「白いパラソル」
も有りましたが、個人的にはこれが一番。
南沙織の「17歳」は、後に森高千里がカバー。
山口百恵はこの時15歳。歌詞がドキドキしました。
     
  いかがでしたでしょうか?
     
懐かしいセピア色の青春時代が、蘇って来る感じがします。  
     
でも、この時代の歌って今でも口ずさむ事が
出来るんですよね~。
 
それだけ「おぢさん」になった証拠だけど・・・(爆)。
     
次回は「サマー・アンセム編」を予定しております。
     
(i.izu)  
「ひまわり娘」という歌もありました(by伊藤咲子)

猛暑の中の熱戦!

2018-07-20
カテゴリ:話題の出来事
梅雨明け前後からの猛暑
 
皆さん体調はいかかでしょうか?
 
私が子供の頃は気温30℃を超えると部活動が嫌なものでした
 
特に夏休み中の午後練習は・・・
 
現在は30℃と言えば涼しい方かもしれません
 
猛暑の中、外で活動される方、運動をされる方、体調の変化にくれぐれもご注意ください
 
 
 
 
さて高校野球です
 
当社の「野球のレジェンドW辺課長」の予想を振り返ってみましょう
 
今日現在はベスト8まで確定しています
 
 
 
ベスト4予想
 
日本文理高校→ベスト16敗退
中越高校→ベスト8進出
加茂暁星高校→ベスト8進出
新潟産大付属高校→ベスト8進出
 
 
昨年の覇者である日本文理高校が敗退しました
 
W辺課長はダークホースとして新潟高校を予想していましたので
 
これも的中となります
 
さすがレジェンド!m(_ _)m
 
 
日本文理高校は当社と同じく新潟市西区の学校ですので非常に残念ですsad
 
とはいえ勝利した新潟高校は正に文武両道の素晴らしい結果を残しています
 
このまま勢いに乗れるか楽しみですね
 
 
過去に野球経験がなくとも夏のこの時期は高校野球に注目する方は多いと思います
自身の母校や現在住んでいる最寄りの高校、職場近くの高校と贔屓にみる学校は
それぞれお持ちではないでしょうか
 
 
全ての高校生に悔いのない夏を過ごしてもらいたいものです
 
どの高校が優勝しても新潟県代表として甲子園の活躍を応援する
 
そんな夏の醍醐味がもうそこまで迫っていますsmiley
 
冒頭でも書き込みましたが体調に気を付けながら気迫のプレーを楽しみにしています
 
 
 
甲子園まであと3勝! 高校球児のみなさん頑張ってください!
 

アルビレックス新潟VS横浜FC 観戦記(2018.0715)

2018-07-18
カテゴリ:話題の出来事
アルビレックスがJ2に降格してから、初めてビッグスワンに足を運びました。  
               
日中は35℃に迫る猛暑日でしたが、試合開始の19:00少し前から日も傾き  
夏のサッカー観戦には申し分のないコンディション。      
               
さすがに観客は全盛期の40,000人には程遠い状態で、メインスタンドは  
1層目も2層目も空席が目立しました(最終観客数は16,813人)    
               
あとはアルビ戦士ゴールラッシュ!に期待するばかり・・・
だったのですが・・・。
 
               
前半立ち上がりから、ペナルティエリア内で存在感を発揮する矢野貴章と田中達也の
ベテラン二人が決定機を作るも、最後のところで相手ディフェンスに跳ね返される。
ボールはアルビ選手が支配するも攻め手が乏しく、シュートまで持ち込めない。  
 
この攻めている時間帯に
1点でも取っておかないと・・・。
     
 
嫌な展開のまま、結局前半は0対0で終了。
       
               
後半も立ち上がりからアルビがペースを握っているように見えたが、一瞬の隙をつかれて
先制を許すno            
               
1点を追うアルビは売り出し中の渡邉新太、ターレス、河田と攻撃的な選手を次々と
投入するも、相手の守備をなかなか崩せない。      
               
アディショナルタイム4分が終わろうとする中、ターレス渾身のシュートも
ボールはゴール枠外で万事休す
             
               
結局、0対1でタイムアップ。
またもアルビはホームで勝てなかった
   
勝ち点3も遠いし、J1昇格圏内の背中が更に遠のく痛い敗戦    
               
なかなか勝てないチームと選手を鼓舞する、アルビサポーターの為にも
次は勝利を頼みますよ!
               
               
でも、どうせ負けるなら
三浦知良のプレーを観たかったな・・・kiss
                                     (i.izu)
   
 
矢野貴章と田中達也のベテランが先発
メインスタンドは空席が目立つ
1点のビハインドが重く圧し掛かる
試合後サポーター席前で挨拶。次こそ勝ち点3を!
0
0
2
1
7
6
株式会社クマキ
〒950-2023
新潟県新潟市西区小新3820-1
TEL.025-268-8501
FAX.025-268-8755
1.都市ガス指定工事店
2.ガス配管工事
3.業務用ガス機器設置工事
4.浴室暖房・床暖房
5.埋設ガス配管取替
6.キッチン・お風呂・冷暖房のリフォーム
TOPへ戻る