クマキ社内ブログ

 

7月突入!

2018-07-02
カテゴリ:お知らせ
まだ梅雨明け前ですが暑いです
 
週末はジョギングをしましたが
 
いつもより半分程度しか走れませんでした
 
体が暑さに慣れていないようです
 
皆さんも水分補給や睡眠時間確保の徹底をお願いします
 
 
 
さて、今夜(明日未明)サッカー日本代表戦があります
 
ついに真夜中の放送時間です
 
睡眠時間は削らないように、無理をしない範囲で応援しましょうsmiley
 
対戦相手はベルギーですね
 
通称「赤い悪魔」
 
日本は「サムライブルー」でいいんでしょうか
 
過去の対戦成績は悪くないと思いますが
 
今回のベルギーは優勝候補の一角として世界的にも
 
評価の高いままW杯に臨んできました
 
おそらく日本以外、世界中の大半の人がベルギー圧勝と予想するでしょう
 
ですが圧倒的不利な状況でこそ日本は結果を残せると思いたい
 
なでしこジャパンも不利な状況で優勝しましたしね
 
 
それにガス工事店的に
 
炎の強さで例えれば、赤より青の方が上ですから
 
ちなみにガスコンロの炎が赤い場合は、不完全燃焼を起こしている可能性がありますのでご注意ください
 
サムライブルー(正しい炎)
起きたまま?それとも寝てから起きる?・・・悩ましい

祝!サッカー日本代表 決勝トーナメント進出

2018-06-29
カテゴリ:お知らせ
ただし
 
賛否両論な試合でしたねangry
 
私は納得していませんが満足しています
 
皆さんはいかがでしたか?
 
 
 
日本は決して強い国ではありませんから
 
弱者の戦略として正しいと思います
 
これも逃げ切り方の一つではないでしょうか
 
 

西野監督は試合前からポーランドと戦っていたのではなく
 
グループ全体と戦っていたのだなと感じました
 
 

サッカーに限らずリーダーって孤独で辛いんですよ

しかも結果が全てですから
 
 
ただ・・・
 
選手の6人入替はともかくフォーメーションまで変えますかね
 
酒井選手の起用方法も疑問が
 
 
W杯本番で初めての試みを実行するのは・・・
 
さすがに準備不足です
 
 
 
リーダーは辛い
ブブゼラ! 覚えていますか?

サッカーのお話

2018-06-28
カテゴリ:お知らせ
それでは昨日の続きです
 
前置きが長くなりましたが「準備が大事」という話です
 
3名の戦国武将はそれぞれ難しい時代を走り抜けた人生でした
 
ですが、政宗・秀吉と違い家康は時に立ち止り「準備」に時間を割きました
 
1600年関ヶ原の合戦後、実質的に天下人となった徳川家康ですが
 
豊臣家を滅亡させるまでに15年の時間を要します
 
早急に合戦で決着をつければ戦国時代は終結していたで
しょう
 
しかし15年の時間を掛け幕府を開き、世襲制を認めさせ
 
豊臣恩顧の大名を切り崩し、最後には大阪城の堀を埋めさせました
 
念の入れようがすごいwink
 
準備をしっかりとした結果、敵対する勢力もいなくなり
 
辞世の句にあるような余裕が生まれたのでしょう
 
 
本日はサッカー日本代表ポーランド戦です
 
日本代表はW杯2か月前に監督交代という事件が起こり
ました
 
W杯前は3戦全敗もあり得る!そんな風潮だったと思います
 
今現在は1勝1分
 
準備期間の限られる中、最善策を講じ結果を残し続けています
 
ですが本日の試合内容次第では敗退も有り得る
 
そんな危険な状況に変わりありません

ここまで決して準備は完璧では無かったでしょう
 
ですがW杯初出場にも関わらず原口選手、乾選手、柴崎選手等
 
実に堂々としています
特に柴崎選手は余裕すら感じます
 
自信の表れは相手の長所を消すこと
加えて自分達の長所を表現することが成功しているからでしょうか
 
西野監督は前監督と比べ、対戦相手の前情報を細かく精査し
 
対策を講じる手腕が長けているそうです
 
一言で準備といっても時間があれば良い訳ではなく
 
内容と密度が大事といったことを体現しているようですね
 
さて 現在は28日13:00

いよいよポーランド戦まで半日を切りました
 
西野監督が政宗・秀吉になるのか、あるいは家康になるのか
 
世紀の一戦です
皆さん応援しましょう
 
 
 
 
 
 

辞世の句

2018-06-27
カテゴリ:お知らせ
ご存知でしょうか
意味は・・・ウィキペディアさんにお願いしますm(_ _;)m
 
先日、社員旅行で訪れた宮城県仙台市
有名な人物といえば独眼竜こと「伊達政宗」
本日は政宗公を中心に辞世の句を紹介します
 
「曇りなき 心の月を さきたてて 浮世の闇を 照らしてぞ行く」
※先行きを見通せない暗闇の中、月の光を頼りに進むように
 私の人生も自分が信じた道を頼りにただひたすら歩いてきた
 
意訳には諸説ありますが・・・
勇ましさと心細さが同居した繊細な句に感じます
焦りやそれを隠そうと強がる気性も垣間見れますね
それでは他の有名な戦国武将も紹介します

豊臣秀吉
「露と落ち 露と消えにし我が身かな 浪速のことは 夢のまた夢」

※夢の中で夢を見ているような、自分は露のように生まれ、
 露の如く消えていく、はかない生涯だった
 
印象としては生き急いでいたのかな?と
結果論ですが信長が他界した後、後ろを顧みる余裕は無く
ひたすら前進あるのみで駆け抜けた人生だったのでしょう
少し伊達政宗と似ているのかもしれません

徳川家康
「嬉しやと 二度(ふたたび)さめて一眠り うき世の夢は 暁の空」

※嬉しいことだ、夢の中の出来事だと思っていた天下太平は
 目が覚めても変わらない では、もう一度寝よう

なんだか余裕を感じますね 二度寝
前者2名との違いは戦国時代を生き抜く際の地盤の築き方でしょうか
豊臣秀吉の辞世の句に対する返歌ともいわれています

少し長くなりましたので、続きは次回に持ち越します


<次回予告>
無 理 矢 理サッカーの話題に繋げますwink
 
 
ちなみに織田信長に辞世の句は存在しません
人間50年~ は幸若舞の一節で信長が好んで演じた詞章となります
 
 
名シーンです 他の言葉を知りません
迷シーンです もう知りません

東京湾にクジラが!

2018-06-26
カテゴリ:お知らせ
お昼の情報番組で東京湾に迷い込んだクジラを特集していました
 
クジラといえばシロナガスクジラのように絶滅危機に瀕した種類を中心に捕鯨禁止が世界中で叫ばれています
 
日本の捕鯨の歴史は古く、食用以外にも鯨ひげを使用した扇子や人形浄瑠璃等、文化遺産としての役割も兼ねていました
 
現在は調査捕鯨として僅かながらの非商用目的として国内に流通するのみですが、今後においてもクジラが食卓を賑わすことは現実的ではありません
 
捕鯨禁止期間の長期化により食文化の移り変わりや、捕鯨禁止賛成派の増加は今後も続くと思われます
 
私自身もクジラを食べたのは20年以上前に遡ります
 
捕鯨の是非はともかくクジラを見て和む日があっても良いものですね
 
以上、たまには真面目に文章を考えてみました
 
 
 
 
ところで本日より「上越市立水族博物館うみがたり」がグランドオープンしましたsmiley
 
クジラはいないと思いますがイルカショーは子供から大人まで楽しめるはず
 
新潟市内のマリンピア日本海とは違った楽しさがありそうです
 
上越市立水族館へは数年前に行きましたが、立ち上あがるアザラシを思い出しました
 
調べてみたらすでに亡くなられているようで・・・残念です
 
死亡推定年齢33歳(人間でいうと100歳ほど)の大往生だそうです
立派に天寿を全うしましたね
 
 
とりあえず今年の夏は上越に向かおうと思いました
完全に宣伝ですね
名前は「ジョー」君 あれ? そんな人いたなぁ
0
0
0
9
9
6
株式会社クマキ
〒950-2023
新潟県新潟市西区小新3820-1
TEL.025-268-8501
FAX.025-268-8755
1.都市ガス指定工事店
2.ガス配管工事
3.業務用ガス機器設置工事
4.浴室暖房・床暖房
5.埋設ガス配管取替
6.キッチン・お風呂・冷暖房のリフォーム