本文へ移動

クマキ社内ブログ

ウィズガスリフォームのご提案

株式会社クマキ 会社概要

2022年1月に会社紹介動画を作成しました。
皆様に少しでも弊社のことを知っていただけますと幸いです。
RSS(別ウィンドウで開きます) 

思っていたよりも年金の見込み額が低い理由

2019-09-06
カテゴリ:話題の出来事
毎年1回、誕生月に届く「ねんきん定期便には「老齢年金の見込額が掲載されております。
私自身これまで、毎年送られてきていた「ねんきん定期便」を「まだ先の話」と思い、余り真剣に見ることは有りませんでした。
そして漠然と「今、遺族年金を受給している90歳目前の母の金額くらいは貰えるのだろう」と、楽観的に考えておりました。
 
しかし、今年の誕生月に送られてきた「ねんきん定期便」をまじまじと見て愕然としました。それは、母の受給額とは大きな開きがあったからです。
 
そこには65歳からの支給額が「年額13○万円(月額約11万円)」と記載されておりましたまいった顔
 
「22歳から今日まで毎月、厚生年金保険を払い続け、老齢年金受給者の生活を微力ながら支え続けてきた報いが、これなのか・・・」
これでは「老後に2,000万円どころか、3,000万円は必要になるのでは?」と暗い気持ちになりました。
 
そこで、色々な書籍やネットに書かれている年金関係のサイトを調べて見ると、私の年代でも厚生年金の平均受給額が「年額180万円(月額15万円)」くらいは貰えるという事が分かりました。
 
では、どうしてこの差が生じたのか?
加入期間の月数を見ても、漏れも誤りも無いと思われる。
若い時の給料が少なすぎて、納付額が平均より少ないからなのか?
 
悶々と老後に不安を抱きながら過ごしていたある時、年金関係のサイトを見ていると「”ねんきん定期便”に掲載されている見込額は、厚生年金基金から支給される額を除いて計算されているため、年金の見込額が実際の支給金額よりも低くなっている」ということが判明。
 
「ねんきん定期便」のどこを探しても、厚生年金基金の加算については記載されていないのです。
なんて不親切なんでしょう困り果てた顔
 
確かに私が最初に就職した会社では、会社の厚生年金基金に加入していました。
そしてクマキの前身にあたる熊木組でも、平成3年から建設業厚生年金基金に加入してました。クマキに分社した後も平成17年12月、同基金が解散するまで継続して加入していたのです。
 
厚生年金基金は老後の生活を厚くするために、事業主が全額負担して年金の上乗せすることを目的として発足しました。
しかし今から15年前くらいに、長引く景気低迷や加入員数の減少などを理由に解散する基金が後を絶ちませんでした。それは新潟県建設業厚生年金基金も例外では無かったのです。
 
「基金から支給される金額は”ねんきんネット“に登録しないと分からない」という事で、早速これに登録してみました。
登録してみると「厚生年金基金代行部分」の金額が加算された金額で年金が支給されることが分かり、更にその金額が上記の平均支給額だったことで「ホッ」と胸をなでおろした次第です。
 
「自分の年金が少なすぎる!」と思った方は、先ず自分の入社がいつだったかを思い出してください。その中で「厚生年金基金に加入していた期間が無かったか?」を確認する事です。
クマキの社員の方は、平成3年から平成17年の間にクマキに在籍していれば、基金から支給される部分がありますので、ガッカリせずに「ねんきんネット」に登録して調べてみる事を、お勧めします。
 
尚、ねんきんネットの登録に必要な「お客様のアクセスキー」(ねんきん定期便に表示されている)の有効期限は3ヶ月ですので、届いたら早めに登録をお願いします。
 
でも「老後に2,000万円足りない」のは結局、変わらないんですけどね・・・青ざめた顔
 
 
新潟市内の都市ガス工事は当社にお任せ下さい!/株式会社クマキ
 
ねんきん定期便 厚生年金基金の事はどこにも記載されていない
ねんきんネット画面 厚生年金基金の代行部分が記載されている

6.18 新潟・山形地震

2019-06-19
カテゴリ:お知らせ
6月18日(火)、22時22分に山形県沖を震源とする非常に大きな地震がありました。
被災された皆様には、心からお見舞い申し上げます。
 
新潟県村上市で「震度6強」を記録し、会社のある新潟市でも「震度4」を記録しました。
ただ、個人的な体感では「震度5はあったのでは?」と思うくらい、強い横揺れを長い時間感じました。
 
また「津波注意報」が発令されたことにより、津波が「いつ来るのか?」と心配で、不安な気持ちの中で就寝時間を過ぎても寝付けなかった方も多かったと思います。
 
折しも2日前、昭和39年6月16日に起きた新潟地震から55年ということで、エリアメールが鳴ったばかりでしたので「またか!」という思いでした。
 
しばらくの間は「本震と同規模の余震が起きる可能性がある」という事ですので、注意が必要です。
 
尚、地震により、ガスメーターの安全装置が作動し、ガスが出なくなっている場合があります。
その際の復旧方法について北陸ガスさんのホームページに紹介されておりますので、こちらをご覧ください。
 
 
 
新潟市内の都市ガス工事は当社にお任せ下さい!/株式会社クマキ

また一人、クマキのレジェンドが会社を去りました

2019-06-15
カテゴリ:社内行事
 長い間、本当にお疲れさまでした(涙)
6月1日(土)、当社の役員であります渡邉祐司常務取締役「勇退送別会」月岡温泉ホテル華鳳で盛大に開催されました。
 
会社勤めをする者にとって「定年退職」というゴールは避けては通れないものです。
 
渡邉常務は昭和60年3月に(株)熊木組管工部に入社して以来、今日まで34年と2ヶ月もの間、分社を経て当社の常務取締役に就任してからは15年もの間、社業の発展に全身全霊を捧げてまいりました。
 
渡邉常務が長年の間に当社に残してくださった功績を更に進化・発展させながら、より強い(株)クマキを築いていく事が、残った我々の使命だと思います。
 
どうぞ、これからも我々のことを陰から見守っていてください。ありがとうございました。(i.izu)
 
 
新潟市内の都市ガス工事は当社にお任せ下さい!/株式会社クマキ
 記念のフラワーアレンジメント贈呈
中締めの発声は新任の斎藤取締役部長
盛り上げ取締役部長は今夜も絶好調!

覚えていますか? 2018夏

2019-03-08
カテゴリ:季節の話
砂まじりの茅ヶ崎
 
人も波も消えて
 
夏の日の想い出は
 
ちょいと瞳の中に消えたほどに・・・
 
 
 
 
という夏の想い出ではなくて

記録的な猛暑でしたね太陽
 
 
 
当社は創立25周年を迎えるにあたり昨年より
 
作業着を一新しました
 
ネイビー色のスタイリッシュな作業着ではありましたが
 
直射日光を吸収しやすく日中の作業では
 
熱中症に相当な気を使いました汗
 
昨年は工務、管理士の皆さん大変おつかれさまでした青ざめた顔
 
そこで昨年の反省点を踏まえまして
 
今年の夏作業着は熱を吸収しにくいシルバー色で統一させていただきます
 
 
ちなみに、今年の夏は昨年程の猛暑ではないとの予想がニュースで流れていました
 
健康を害せぬよう夏の良い思い出を作りましょう
(現在は3月・・・まだ雪が降る日もありそうですがてるてる坊主
 
M木さんもシャイなハートにルージュの色がただ浮かんでいるようです
 
 
 
新潟市内の都市ガス工事は当社にお任せ下さい!/株式会社クマキ
 
 
新作業着です

引退

2019-01-17
カテゴリ:話題の出来事
昨日、横綱稀勢の里が引退を表明しました
 
初場所の初日から3連敗と思うような相撲が取れませんでした
 
 
 
一時は四横綱として相撲を盛り上げていくと思われましたが
 
一方では四横綱時代は短命とも言われていました
 
横綱昇進から約2年
 
大きな期待を背負わされ ケガにも苦しみ
 
それでも悔い無しと発言した横綱は立派であったと思います
 
 
最近では引退を表明する有名スポーツ選手が相次ぎました
 
個人的にはサッカーの楢崎・中澤・小笠原選手が印象的です
 
また昨年中には川口能活選手も引退し世代交代を印象付けました
 
野球では杉内投手、村田選手といった巨人の名手
 
ソフトバンクの摂津投手が引退し一時代を築いた各選手の引退に
 
ファンも感慨深いものを感じていると思います
 
 
本日は引退された選手に敬意を払いつつ
 
昨年に引退をされた方々を紹介したいと思います
 
<サッカー>
・平山相太
・岩政大樹
 
<野球>
・川崎宗則
・大嶺翔太
・後藤武敏
・脇谷亮太
・浅尾拓也
・松井稼頭央
・岩瀬仁紀
・新井貴浩
 
<ボクシング>
・山中慎介
・山中竜也
・河野公平
 
<フィギアスケート>
・無良崇人
 
<卓球>
・福原愛
 
そして今年に入ってからは国民栄誉賞も受賞した
 
吉田沙保里選手
 
引退会見時の笑顔が印象的でした
 
 
 
引退する際に悔いが無いなんてことは難しいと思いますが
 
それでも悔い無しと言い切る方や、笑顔で引退報告をする方
 
涙で顔が歪む方、それぞれに素敵な競技人生の締めくくりだと思いました
 
 
 
 
0
2
9
9
5
2
株式会社クマキ
〒950-2023
新潟県新潟市西区小新3820-1
TEL.025-268-8501
FAX.025-268-8755
1.都市ガス指定工事店
2.ガス配管工事
3.業務用ガス機器設置工事
4.浴室暖房・床暖房
5.埋設ガス配管取替
6.キッチン・お風呂・冷暖房のリフォーム
TOPへ戻る