本文へ移動

クマキ社内ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

あなたの黄門さまは?

2018-12-19
カテゴリ:季節の話
本日12月19日は・・・特別な記念日ではありませんが
 
2011年に42年間続いたドラマ「水戸黄門」が最終回を迎えました
 
私は小学生時代、祖母の影響で夕方の再放送を視聴していましたが
中学入学と共に部活動が忙しくなり、放送時間には自宅にはおりませんでした
 
リアルタイムで視聴することもなく最新の黄門様が誰かも知りませんでした
 
振り返ってみますと初代水戸黄門が開始したのが1969年
 
歴代の黄門役は
1.東野 英治郎 1969~1983
2.西村 晃   1983~1992
3.佐野 浅夫  1993~2000
4.石坂 浩二  2001~2002
5.里見 浩太朗 2002~2011
 
以外と石坂浩二さんは短い期間ですね
 
私は東野英治郎さんのイメージが強いのですが
小学校生時代は時期的に西村晃さんなので常に再放送を見ていたようです
 
配役が交代するのは長期放送のドラマの宿命ですね
 
渡る世間は鬼ばかり」も不定期的に配役が変更しています
 
脚本家の橋田壽賀子先生が変わることなく執筆しているのは驚異的です(現在93歳)
 
またドラマではありませんが長期アニメは声優さんの変更が話題になります
 
有名なところでは「サザエさん」の波平、カツオ、そして以前紹介させていただいたフネ役の麻生美代子さん
 
「ルパン三世」のルパンを始め、最近では主要メンバーは総入れ替えがありました
 
個人的には「ドラえもん」の声優さんが変更になったとき違和感を覚えましたが、私の子供は現在のドラえもんしか見ていませんので、むしろ昔のドラえもんを見たら不思議な印象を受けるかもしれません
 
※ブライト・ノアの声優が変更したときは気付きませんでした
 
さて、話は戻りますが
 
水戸黄門と同時期に再放送をしていました「大岡越前」も取り上げてみます
放映時期は1970年~1999年 
主演の加藤剛さんは交代せず最後まで一人で演じていました
 
どの時代の大岡越前をみても、加藤さん自身の年齢が分からないくらい見た目の変化が乏しい気がします
常に体調管理に気を配り、ベストの状態で撮影に臨んでいたのだと思います
今年6月18日にお亡くなりになりました
 
 
最後に水戸黄門(水戸光圀)の格言で締めたいと思います
 
九分に足らば、
十分にこぼるると知るべし
 
意味としては
 
欲求を満たすところに行きつく前に
9分目までで満足することを覚えるべきである
 
といったところでしょうか
 
まだその境地には至りませんが、今年を表す漢字「
これが人災であった場合、欲求を満たそうとする思惑が背景にありそうですね
300年前の格言は現代にも通用しそうです
 
新潟市内の都市ガス工事は当社にお任せ下さい!/株式会社クマキ
 
紋所はど~れだ?
有名な水戸市の梅も黄門様による偉業・・・ではないらしい
ん~んん んんんんん~んん~

雪が降りました

2018-12-08
タイトル通りですが
 
1週間程前から12/8は雪の予報でした・・・
 
天気予報が当たりました点滅している電球
 
冬が本格的に始まりますねてるてる坊主
 
とはいえ家を出た直後は雪がパラパラ降っている程度で
 
ホッとしていましたが、会社に近付くにつれ降雪量が増えてきました不安そうな顔
 
到着した頃には3~5cm程積もっていましたよ汗
 
 
今日慌ててタイヤ交換をされた方も大勢いそうですね
 
安全運転を心掛けましょう軽自動車
 
また忘年会のシーズンですからお酒の席が多く設けられます
 
飲酒運転は絶対にダメですNG
 
また前日に飲酒したアルコールが消化しきれていない場合もありますので
 
 
2日酔いを自覚されている場合、またお酒臭さが残っている方は
 
 
勇気をもって運転を見合わせることも考えて下さい
 
 
この後も降り続きました
レジェンドM木さん邸付近はかなりの降雪があったようです
南区は南国でした

ボヘミアン・ラプソディ

2018-12-01
カテゴリ:話題の出来事

11月下旬の3連休の中日に、話題の映画『ボヘミアン・ラプソディ』を観て来ました。
伝説のロック・バンドQueenのリード・ヴォーカル、フレディ・マーキュリーの華やかなスターとしての栄光の影で、孤独と戦い、最後は不治の病に冒され、45歳の若さでこの世を去った、壮絶な半生を描いた映画です。
 
そもそも今の若い方は「Queen」を知らないのでは?と思います。フレディ・マーキュリー「誰?」「ボヘミアン・ラプソディ」って「何?」という感覚でしょう。
因みに、我が家の21歳の娘に「Queen知ってるか?」と尋ねると、案の定「知らない」という答えが返ってきました。
「あの『We Will Rock You』を歌っているバンドだよ」と教えると「あぁ、アルビの試合の前に流れるやつね?」と、素っ気無い反応が得られました。
 
Queenは私が中学1年生の時にデビュー。当時は未だ世界的には全くの無名バンドでした。しかしハード・ロックでありながらクライマックスをコーラスで決める斬新なスタイル、100年前の暖炉の木で作ったといわれる独特の音色を出すハンド・メイド・ギター、そして4オクターヴの声域を持つエキゾチックなヴィジュアルのヴォーカリストという、既成のバンドには無い「新時代のロック・バンド」の登場に心が奪われました。
 
当時、放送部員でもないのに放送室をジャックしてQueenのデビュー・シングル「炎のロックン・ロール」 を、お昼の放送で流した事もありました。(←正確に言うと、ちゃんと許可を得てレコードをかけましたよ)
 
しかし教室に戻ってクラスの反応を聞くと「ドン引き」だったという事でした。あの当時「外国のロック」を聴いてる奴や、エレキ・ギターを持っている奴は「不良」扱いされた時代ですので致し方ありません(涙)。
 
そんな私の青春時代に強い影響を与えたバンドの映画という事もあって、観客の年齢層は、やや高め(苦笑)。しかし、事前の知識を殆ど入れずに足を運んだのですが、メンバー4人の役者さんが実際のメンバーにかなり似ている事が嬉しく思いました。
 
余り書き過ぎると「ネタバレ」になってしまいますのでこの辺にしておきますが「魂に響くラスト21分」の宣伝の通り、最後は不覚にも号泣 水滴水滴 してしまいました。(エンドロールの間に涙は拭き取りました上を指す人差し指(手のひらが手前))。
 
更にフレディが「死を覚悟して歌い切った」ライヴ・エイドの渾身のパフォーマンスが終わった瞬間、立ち上がって思わず拍手をしそうになったのは、私だけではなかったはず。それだけ、彼らの熱演に引き込まれました。
 
今年観た映画では文句なしに「No.1映画」だと思います。(てか、今年はこの映画しか観ていない・・・)
 
(i.izu)
新潟市内の都市ガス工事は当社にお任せ下さい!/株式会社クマキ
 朝一番の上映時間で人影もまばら
 魂に響くラスト21分、マジ泣けます
 パンフレットも買っちゃいました

競馬好きが多いな!

2018-11-26
カテゴリ:話題の出来事
競馬関連の話をブログに載せるとアクセス件数が上昇する不思議赤い感嘆符と疑問符
 
そんなクマキのブログが大好きです2つのハート
 
 
とは言え、社会貢献を第一とする当社ですから
 
時事問題を取り上げることもある訳です
 
 
 
先日は世界を驚愕させる記録が誕生しました点滅している電球
 
若き女性アスリートがベテラン男性陣を押しのけ世界記録を更新
 
府中にて2分20秒6を達成したその名前は・・・
 
 
 
アーモンドアイ!
 
結局競馬でしたウィンクとあっかんべえを同時にしてからかった顔
 
 
 
競馬といえば今回の東京競馬場をはじめ、新潟にも立派な建物があります
 
全国には他にもJRAだけで8つの競馬場がありますが
 
皆さんは幻の競馬場「横浜競馬場」をご存じですか?
 
名前の通り横浜にあった(過去形)競馬場で当初は根岸競馬場と呼ばれていました
 
現在のJRAに所属していましたので大レースも開催されています
 
例えば帝室御賞典(現天皇賞)や横濱農林省賞典四歳呼馬(現皐月賞)など
 
現在でも大レースとして開催されていますねいいね(手の指正面)
 
戦時中に開催が中止となり、戦後はGHQに接収され事実上の廃止となりました
 
戦時中は所属していた多くの競走馬も軍馬として徴収されたそうです
 
 
 
現在は根岸競馬記念公苑 馬の博物として一般開放され
 
私も20年近く前に見学した記憶が今でも鮮明に残っています
 
周囲は若干、高台となっておりイメージ的には土手に近いかと思います
 
高台ではありませんが三条競馬場に少し似ているかもしれません
 
もちろんレース用のコースは既にありませんが
 
雰囲気を感じるには面白いと思いますよきらきら
 
私が訪れた当時は誘導馬にもなったトウショウファルコがいました
 
現在は天皇賞馬マイネルキッツがいるようです
 
歴史を感じさせる欧米風のスタンドが現存し
 
今でも市民の憩いの場として親しまれているようです
 
博物館には馬の歴史も学べるので子供も楽しめるかもしれません口を広げてにっこりした顔
 
 
 
悲しい歴史を乗り越え、過去の遺産を楽しむ余裕ができたのは戦後に渡り平和であったからだと言えます
 
先日は北方領土2島返還が話題となりましたが
 
結局のところ進展はなさそうです
 
幻の競馬場は終わらない戦後をどのように眺めているのでしょうか
(無理矢理の時事ネタ感満載)
 
新潟市内の都市ガス工事は当社にお任せ下さい!/株式会社クマキ
スタンド裏側
スタンド側面
上空から

平成最後のジャパンカップ

2018-11-24
カテゴリ:話題の出来事
11月25日(日)に平成最後のジャパンカップが行われます。
注目は今年の3冠牝馬アーモンドアイが牡の古馬を蹴散らして、来年の凱旋門賞につながるレースができるかという点です。
金曜日の前売オッズでは「単勝1.4倍」の断然人気を集め、早くも「1強」の様相を呈しております。
 
最近の東京2,400mのG1レースの傾向としては、1枠・2枠の「内枠」が圧倒的に有利な事。
過去5年のジャパンCの1枠・2枠の成績は3勝、2着2回。勝率6割、連対率5割と圧倒的な数字になっております。これは東京2,400mが非常に底力を要するコースで有り、飛び抜けた力量の差が無いメンバーなら、道中いかに距離ロスなく立ち振る舞う事が出来るかが勝負の明暗を分けるからです。
因みに昨年は1着1枠、2着1枠、3着2枠の決着となっており、傾向が完璧に当てはまりました。
 
その1枠にアーモンドアイが入ったものですから、多少距離に不安(距離が長い)があっても、ルメール騎手が落ち着いてインで力を溜めてレースを運べば、直線で豪脚披露のシーンが十分考えられます。この人気も頷けます。
 
しかし、東京2,400mレースのもう一つの傾向として「トニービンの血が入っている馬が強いこと」です。
トニービンと言えば、1988年の凱旋門賞を制し、昭和最後のジャパンCに招待されました。レースでは日本馬タマモクロスに次ぐ2番人気に支持されましたが、レース中の骨折もあって5着に敗れています。
しかし、産駒にはダービーを制したウイ二ングチケットジャパンC3着)、ジャングルポケットジャパンC優勝)、オークスを制したベガエアグルーヴジャパンC2着2回)など「東京2,400mのG1レースの鬼」と言える血統です。
 
その中で現在もトニービンの血を伝えている種牡馬がハーツクライです。
ハーツクライ自身は、ダービー2着、ジャパンC2着と惜しいところでタイトルに手が届かなかった馬ですが、2005年の有馬記念で無敗の三冠馬ディープインパクトに国内で唯一、土を付けた馬として名を残しております。
 
特にハーツクライ産駒は過去5年のジャパンCで1着1回、2着1回、3着1回と好成績。しかも連対した2頭は、いずれも「1枠」でした。
 
ですから今年のジャパンCもハーツクライ産駒のスワーヴリチャードシュヴァルグランが1枠(2枠)に入れば「大勝負!」と思っておりましたが、残念ながら内枠は引けず、アーモンドアイを逆転するところまでは難しいかな?と思います。
それでも馬券は、ハーツクライ産駒を中心にオッズを見ながら考えようと思います。
 
もう1頭、トニービンの血を持つルーラーシップ産駒キセキも忘れずに。
 
(i.izu)
新潟市内の都市ガス工事は当社にお任せ下さい!/株式会社クマキ
 
 

 

  昭和最後のジャパンCを制したのはペイザバトラー
  東京2,400mはボクの血が入っている馬を買ってね
0
0
5
2
8
8
株式会社クマキ
〒950-2023
新潟県新潟市西区小新3820-1
TEL.025-268-8501
FAX.025-268-8755
1.都市ガス指定工事店
2.ガス配管工事
3.業務用ガス機器設置工事
4.浴室暖房・床暖房
5.埋設ガス配管取替
6.キッチン・お風呂・冷暖房のリフォーム
TOPへ戻る